マニュアルの作り方・生かし方

アクセスカウンタ

zoom RSS 書評 『督促OL 修行日記』  榎本まみ著

<<   作成日時 : 2013/01/27 20:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


督促OL 修行日記
文藝春秋
榎本 まみ
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 督促OL 修行日記 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





 ■“ブラック”職場で生き抜く知恵

 著者は、新卒で某信販会社に就職した20代のOLである。毎日の仕事は、支払いが滞った顧客に督促の電話をかけること。だが受話器越しに返ってくる言葉は、「今度電話してきたらぶっ殺す!!」「うるせぇ!」「ないものはないって言ってんだろ!」…。

 そんな罵声を浴びつつ、1時間60本の電話ノルマをこなし,夜遅くになると電話が通じない顧客への督促状を何通も書く。なにか平成版『女工哀史』のようだが、本書に暗さはない。人見知りで話し下手だった著者がタフ・ネゴシエーターとなるまでの、一編の成長物語として書き綴られている。

 著者がこの本に込めた願いは、怒鳴られるコールセンターの人を一人でも減らすことだという。相手の顔が見えない電話では、暴言のハードルも下がる。だが、受話器の向こう側にも一人の人間がいて、泣いたり笑ったりしているのだ。この本の著者のように。電話への応答を、少し優しくさせてくれる本である。

 「ブラック企業」という流行語に示されるように、近年の日本の雇用環境の劣化は深刻な社会問題となっている。コールセンター業界の就業人口は、全国で100万人と推定される。だが離職率は高く、一般に労働条件のいい仕事とはみなされていない。


* 「ブラック企業」
 元々、ブラック企業という呼び名は暴力団などの反社会的勢力との結びつきが強いフロント企業を指す隠語であった。
 コーポレートガバナンス(企業統治)の欠如やコンプライアンス(法令遵守)の軽視などが要因。従業員や元従業員とのトラブルだけでなく、近隣住民とのトラブルを抱えた企業が多い。



督促OL修行日記 [ 榎本まみ ]
楽天ブックス
榎本まみ 文藝春秋発行年月:2012年09月 予約締切日:2012年09月20日 ページ数:237p


楽天市場 by 督促OL修行日記 [ 榎本まみ ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
書評 『督促OL 修行日記』  榎本まみ著 マニュアルの作り方・生かし方/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる