マニュアルのつくり方・生かし方

アクセスカウンタ

zoom RSS 文部科学省 「ミサイル対応,学校の手引書改定案」

<<   作成日時 : 2018/02/16 00:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ミサイル対応追加へ  学校危機管理の手引書
     出典:産経新聞 2018年2月14日


 文部科学省は2018年2月14日付で,北朝鮮による相次ぐ弾道ミサイル発射を受け、全国の学校が危機管理マニュアルを作る際に指針となる手引書の改定案を発表した。ミサイル発射時の避難行動や自治体との連携などの対策を盛り込んでおり,3月までに改定作業を終えた後,全国の学校に配布する予定。

 文科省によると,現在の手引書は、校内に侵入した不審者対応をめぐる内容が多くを占めているが,ミサイル発射を「新たな危機事象」と捉えて改定に踏み切り,項目を増やすことにした。

 全国瞬時警報システム(Jアラート)が鳴った際の避難行動としては,日本に落下する可能性があれば,、落下場所に関する情報があるまで屋内避難を継続することを要請。情報が学校のどこに,どのように届くのか事前に確認するとともに,自治体の避難訓練と合わせて日頃から訓練に取り組むよう促した。

 一方,文科省は,昨年10〜11月に教育委員会などの学校設置者にミサイル発射時の対応状況を聞いた調査結果も発表。全国の市区町村教委のうち,「管内に避難訓練をした学校があるか把握している」と回答したのは31・7%,「自治体の危機菅喪部局と連携している」は66・9%だった。自由記述回答では「窓がない部屋がプールの更衣室しかない」 「校内にサイレンが聞こえない場所がある」。

⇒⇒ 文部科学省  「学校の危機管理マニュアル作成の手引き」

     https://anzenkyouiku.mext.go.jp/mextshiryou/data/aratanakikijisyou.pdf




 −−

 

 ●━●━●━●━●━●━●━●━●━●━●━●━●━●━●                              



仕事力がアップする! マニュアルのつくり方・生かし方 (PHPビジネス選書)


マニュアルは「融通のきかない画一的なサービスを生む元凶だ」という声がある。はたしてそうだろうか。おそらくそうした声が出る背景には、マニュアルを「唯一絶対の手順書」と誤解し、それに縛られているからであろう。しかし、マニュアルは暗黙知を形式知に変え、その企業の行動規範ともなる大事なものである。仕事を要領よく効率的に行なうためになくてはならない指針であり,実際,多くの企業がマニュアルを上手に使って持続的に業績を伸ばしている。


本書は、多くの一流企業でマニュアル作成に携ってきた著者が、その実務をわかりやすく解説したものである。本書を活用することによって、例えば、◎社員を早期に戦力化したい、◎クレーム対応などの非定型業務を定型化したい、◎作業効率アップ、コスト低減、非社員化を推進したい、などの目標を実現することができるであろう。




電子書籍−楽天Kobo版−− 
 
          

紙書籍版も取り扱ってます!
楽天Kobo 電子書籍版仕事力がアップする! マニュアルのつくり方・生かし方1,200円
紙書籍版マニュアルのつくり方・生かし方1,620円









 

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
文部科学省 「ミサイル対応,学校の手引書改定案」 マニュアルのつくり方・生かし方/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる