JR西日本・福知山線脱線事故に見るコンプライアンス

この記事は,09/10/23掲載分に,"「皆で人殺しにならないように」JR西、事故受け不適切文書を配布”の原稿を追加して再編集しております。


▼企業の社会的責任

 企業の目的は,「利潤追求」と「社会的責任」にあります。会社が破綻すると,社会的責任は果たせん。また,社会的責任を果たさなかったために破綻することもあります。利潤と社会的責任は分離せず表裏一体のものと考えるのが適切な考え方です。

 不公正な活動が世間に露見したときに受ける打撃,つまり「マイナスの利益」は計り知れず,そのような一時的な利益を吹き飛ばしてしまいます。法律に抵触しなかったとしても,社会的には厳しい批判を受けることになるでしょう。利益を上げるために手段を選ばないという姿勢は,社会的に認められません。社会的信用を失ったために,経営不振に陥ったり,時には会社の存続の危機にまで至ったりするケースは少なくありません。

JR西日本・福知山線脱線事故(05年)からの教訓を今だ生かせず
1)JR西日本報告書案漏えい問題で前社長と副社長の解任決定…

 JR西日本は23日、JR福知山線脱線事故(05年4月)の最終報告書案の漏えい問題で、報告書を公表前に入手した前社長の山崎正夫取締役(66)と、情報収集を部下に指示した土屋隆一郎副社長(59)を辞任させる方針を決めた。
 山崎前社長は66年、旧国鉄に入社。鉄道本部長などを経て子会社に出向。事故後の06年2月に社長に就任。土屋副社長は74年に旧国鉄入社。大阪支社長などを経て、06年6月に福知山線列車事故対策審議室長と被害者対応本部長、09年8月に副社長に就任した。

 山崎前社長は06年、航空・鉄道事故調査委員会(現運輸安全委員会)の委員に接触を始めた。土屋副社長は事故対策審議室の室長として、部下に情報収集を命じ、別の委員への接触を図った。事故調意見聴取会の公述人への応募を国鉄OBらに依頼し経費や謝礼として現金を渡したり、捜査当局の事情聴取に臨む社員に他の社員の供述内容を見せるなどの不適切な対応も明らかになっていた。

2)「皆で人殺しにならないように」JR西、事故受け不適切文書を配布…
 09年12月,JR西日本の奈良電車区で、車両から鉄製カバーが落下した事故があり、「皆で人殺しにならないようにしよう」と書かれた資料が一部社員に配られていたことが分かった。JR西日本は「注意喚起を強調するあまり、行き過ぎた表現になった」としている。

 JR西によると、12月5日朝、王寺駅(奈良県王寺町)で運転士がカバー(縦75センチ、横99センチ)が外れていることを確認し、運転に支障がないとしてそのまま出発。その後、関西線のトンネル内でカバーが発見された。 問題の資料はA4判で、カバーのチェックや検査リストの記入など、項目ごとに意見を記述してもらう内容だった。

 「注意喚起を強調するあまり,行き過ぎた表現になった」とのコメント,公共機関としての理性,反省の色なく非く表現。この会社,会社ぐるみで感受性を失っている。


マニュアルがすべてではない・・・
 企業人個人に求められるのは、定められている法令、規則、マニュアルに単純に従うこと,守ることではなく、法令の背後にある社会的要請を感じ取る鋭敏性(sensitivity)である。そして、それを大きなカにするのが目的実現のための個人間、部門間、そして組織間の協働(collaboration)である。そのなかから「社会的要請への適応」として自然に生まれてくるのが真のコンプライアンスであり、そこには、定まった手法も、公式もマニュアルもない。

 05年のJR西日本の電車脱線事故。事故車両に乗り合わせていた運転士は、負傷者の救助も行なわないで出勤し、ほかの車両の運転をしていた。それを指示した当直の上司のマニュアルには重大事故車両に乗り合わせた運転士」への指示はなく、それが出勤可能なら出勤」という型どおりの指示につながったのだろう。しかし、法的義務がまったくない人たちが必死で救助活動を行なっていた最中に事故当事者の企業人が取った行動としては、明らかに「最低」である。「法令遵守コンプライアンス」は、人間が本来持っているはずの感受性すら失わせてしまう。

▼関連HP
  マニュアルとは -規範マニュアル・・・・・・・行動規範 内部統制指針・規範
   http://kobayashi.clever.mepage.jp/manual/manual1.htm



内部統制の知識 (日経文庫)
日本経済新聞出版社
町田 祥弘

ユーザレビュー:
単なる解説書単なる解 ...
ビジネスマン必読本社 ...
内部統制の実施基準を ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ






JR西日本の大罪?服部運転士自殺事件と尼崎脱線事故
五月書房
鈴木 ひろみ

ユーザレビュー:
本当にただの批判この ...
何だかね?JR西日本 ...
もっとソフト面に注目 ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック