マニュアル導入事例 イトーヨーカ堂の考え方

  マニュアルの多くは,作成者の期待に反してあまり使われていません。「読みづらく,見づらい」「知りたいことがどこに書いてあるか見つけづらい」といった理由もありますが,多くの場合,「上位部門または専門部署が作った現場の実状にそわないもの」といった,お仕着せであることにあります。

 マニュアルの役割の一つに,“組織内の標準的な取り決めの文書化“といった機能がある。そもそも「標準」とは,一方的な押しつけではく,組織内の合意,納得という意味を持ちます。この点への配慮が欠けると,使用者の共感を得られず,お蔵入りとなりかねなません。 

 イトーヨーカ堂は,本部作成ではなく,各店舗,各担当者がパートやアルバイト向けマニュアルを手作りし,それを使っての教育で成果を上げています。担当者各自が,マニュアルを作っても,全社的な統制,標準化は図られています。



マニュアルのつくり方・生かし方
PHP研究所
小林 隆一

ユーザレビュー:
マニュアルの定義が良 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック