フォード・システムの光と影 1

 ある経営誌で気になる一文を目にしました。それは<アメリカ経営学は,人間を科学的に管理し,仕事を単純化,標準化,専門化させることにより,同じ製品を大量に造ることに成功し,世の中を豊かにし,消費は美徳と教え,大量消費する経済至上主義社会を作り上げた。
 その結果,工場で働くことは,管理者によって与えられた作業手順にしたがって,同じ動作をくりかえし,人間から思考と言葉を奪い,8時間を無口で働くことを強要した。・・・ ,との記述です。


 上述の<人間を科学的に管理>とは,テーラーの科学的管理法を,<仕事を単純化,標準化,専門化させた>とは,フォード・システムを指しているのでしょう。
 
 そこで,フォード・システムを,おさらいしてみます。



 フォード・モーター(Ford Motor Company)の創立者ヘンリー・フォードは,大量生産方式の先駆者でもあります。彼は1903年にフォード・モーターを創立し,1908年に4気筒,最高時速72km,当時の中産階級でも手がとどくお手頃価格850ドルのT型モデルを世に送り出しました。

 このT型モデルは大好評で,初年度に1万台強販売と大ヒットとなり,今日のフォード・モーターにつながる躍進の基礎を築きました。

 フォードは生産面でも新機軸を打ち出しました。1913年,標準化され互換性のある部品を使っての<部品の標準化>,テーラーの「課業」の標準化による<作業の標準化>を組み合わせて,流れ作業による組み立て生産システムを開発・導入しました。これが,今日の大量生産の原型となるフォードシステムです。
                                        【続 く】 

◇関連HP → マニュアル講座
産能大 業務マニュアル実践セミナー
 マニュアルセミナーQ&A
お問い合わせ先:産能マネジメントスクールへ 0120-113644
会場(東京・代官山

産能大セミナー(東京) 開講日程
第60回  2011年 3月 1日~ 2日
第61回 2011年  7月14日~15日
第62回 2011年10月19日~20日

産能大セミナー(大阪) 開講日程
第1回 2010年1月 25日~ 26日
第2回 2011年 2日 7日 8日

マニュアルづくりに役立つ本-全50冊



専用ダイキャストが高強度を実現!アイバワークス・ノセルダ2ボンゴ/フォードスペクトロン・SS系・標準ルーフ・2.0m
4WD&SUV PROSHOP RV SHUEI
●標準ルーフ●適合型式:SS系●固定脚タイプ:標準(170mm)●横幅:1300サイズ●受注生産品の

楽天市場 by ウェブリブログ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック