日本マクドナルドホールディングス - マニュアルには最低限のことしか書いていないのです。

「ブランド価値向上のための戦略的閉店」

  日本マクドナルドホールディングスの2010年6月期中間決算は、売上高が前年比11%減、当期利益が59%減の減収減益決算となった。だがこの“悪決算”は表面上のことで、実態としてはマクドナルドの営業は好調だし、収益性も改善している。

 多くの外食企業が既存店売上高の低下に悩む中で、マクドナルドの今上期の既存店売上高は前年同期比2.8%増加した。そして経常利益は前年同期比58%の増加。売上高経常利益率も前年の4.9%から8.7%へと、大幅に改善している。

 この中間期の業績が減収減益となった最大の要因は、大量の店舗閉鎖である。2010年上期にマクドナルドは211店舗の「戦略的閉店」を実施した。下期にも222店舗を閉店する計画である。同社はこれにともなう店舗閉鎖損失などの特別損失を、この上期に約100億円計上した。

 マクドナルドはこの大量閉店を「ブランド価値向上のための戦略的閉店」であると説明している。立地・規模・設備水準などが自社の規格に合わない店舗は、たとえ黒字店であっても閉鎖する。それによってチェーン全体の価値を高める戦略を、マクドナルドは推進しているのである。

         ★。*・。.☆。・*・。.★.。*・。*・。.☆。・*・。.★.。*・。☆  

>>>~アルバイトの笑顔はマニュアルからは出てこない~

  日本マクドナルドでは、現在6000人の社員と13万人のアルバイトがいる。圧倒的にアルバイトが多い。それだけに、マクドナルドではアルバイトの教育に力を入れている。

 同社のトレーニング・教育担当者の言によると「マニュアルなんかほとんど覚えてない。といったらおかしいですけれども、マニュアルには最低限のことしか書いていないのです。仕事中になにか問題が起きたときやなにか意思決定するときに、マニュアルを検索して参考になるものを探し出す。これがマニュアルの役割です。たしかに、入ってすぐの頃はマニュアルで仕事を覚えてもらいますが、後はできるだけ自分で考えてということ」と,語っている。

 マクドナルド=マニュアル教育、と考えていては、同社の本質を理解することはできない。

出典:日本マクドナルドの「知られざる経営」その2 ~アルバイトの笑顔はマニュアルからは出てこない~
   *元気印企業の経営戦略に学ぶ --富士通--


◇関連HP マーケティング&マニュアルゼミー


産能大 業務マニュアルセミナー 
 第61回 2011年3月1日~2日
 第62回 2011年7月14日~15日
 第63回 2012年2月21日~22日





▼生産性向上とマニュアルの有効性・必要性を説く






マクドナルドのIT戦略
経林書房
山口 広太

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by マクドナルドのIT戦略 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック