プロジェクト標準とは--『プロジェクトマネジメント現場マニュアル』より

 プロジェクト標準について,『プロジェクトマネジメント現場マニュアル』(能登原伸二著)では,次のように解説しています。

▶「プロジェクト標準」とは
                 p14
「プロジェクト標準」は,システム構築を進めていくための詳細な作業プロセスや成果物の記述レベルを定めたガイドライン/規約を指します。システム構築に携わる担当者の大部分は,お互いにその作業プロセス,成果物の記述レベルは暗黙のうちに理解しているとの認識があるようです。
 そのため,プロジェクト標準の意義をうっかり忘れてしまいます。標準化の重要性を分かっていたとしても,相当なスキルと時間を要するため,PMは限られた時間を別の重要な工程(要件定義など)に振り向けたくなるでしょう。

▶標準化でチームワークの基礎固め
                p15~p16
 プロジェクトに多くの人がかかわると物の考え方や振る舞い方に違いが出てきます。システム構築では,この違いが障壁となることを覚えておきましょう。多くの人が関与するシステム構築では,個性よりチームワークを重視したほうが成功への近道なのです。
 そのため,メンバー同士で共通のルールを取り決めておく必要があります。このルールが「標準」です。標準を策定することによって作業プロセスや成果物のイメージが共有され,構築作業の生産性が高くなります。
 一般にプロジェクト標準は,「プロジェクトマネジメント規約」「システム開発環境規約」「システム開発規約」「システム運用規約」などで構成されます。




プロジェクトマネジメント現場マニュアル[改訂版]
日経BP社
能登原 伸二

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック