働き方改革の本質は生産性の向上。

働き方改革」とは,
  ・長時間労働の是正,
  ・生産性向上を実現するためのコスト削減による効率化との考え方がある。

 2018年4月施行の「働き方改革法」には,特別条項での残業時間の上限が月の残業時間で最大100時間,年間では720時間と定められ,違反企業には罰則規定が設けられた。こうした点からして,確かに長時間労働の是正は喫緊の課題ではある。そこで,残業削減することに注力するあまり,本来見直すべき「無駄な時間」を「生産的で付加価値を生む時間」に変えることへの取り組みはおろそかになりがちである。
                                引用:週刊ダイヤモンド2018-01-20-32

知らないでは済まされない!  「働き方改革関連法」早わかり (PHPビジネス新書)
知らないでは済まされない! 「働き方改革関連法」早わかり (PHPビジネス新書)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック