厚労省 「慢性疾患患者 連携マニュアル」・・・治療と仕事の両立支援でガイドライン

 (平成25年度厚生労働省委託事業)における企業を対象に実施したアンケート調査によれば,疾病を理由として1か月以上連続して休業している従業員がいる企業の割合は,
   ・メンタルヘルスが38%
   ・がんが21%
   ・脳血管疾患が12%である。
 また,「平成22年国民生活基礎調査」に基づく推計によると,仕事を持ちながら,がんで通院している者の数は,32.5万人である。さらに,一般健康診断で,脳・心臓疾患につながるリスクのある血圧や血中脂質などにおける有所見率は,年々増加蛍光にあり,平成26年は53%と,疾病のリスクを抱える労働者は増加傾向にある。

 これらの疾病の有病率は年齢が上がるにつれ高くなる状況にあり,高齢化の進行に伴い,今後は職場においても労働力の高齢化が進むことが見込まれる中で,事業場において疾病を抱えた労働者の治療と仕事の両立への対応が必要となる場面はさらに増えることが予想される。

┏┓
■ 慢性疾患…治療と仕事の両立支援でガイドライン

 厚生労働省 https://www.mhlw.go.jp/ は,がんや肝臓病などの慢性疾患の患者が,治療しながら仕事を続けるのを支援するため,医療機関と勤め先の円滑な情報のやりとりを助ける連携マニュアル 「事業場における治療と仕事の両立支援のためのガイドライン」 を作成し,公表した.

>>>>事業場における治療と仕事の両立支援のためのガイドライン

      https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000115267.html

このガイドラインは,事業場が,がん,脳卒中などの疾病を抱える方々に対して,適切な就業上の措置や治療に対する配慮を行い,、治療と仕事が両立できるようにするため,事業場における取組などをまとめたものである。

 「事業場における治療と仕事の両立支援のためのガイドライン」

   https://www.mhlw.go.jp/content/11200000/000490701.pdf

1 治療と仕事の両立支援を巡る状況....
2 治療と仕事の両立支援の位置づけと意義..
3 治療と仕事の両立支援を行うに当たっての留意事項
4 両立支援を行うための環境整備(実施前の準備事項).
5 両立支援の進め方
6 特殊な場合の対応
参考資料
 (様式例集),(支援制度・機関),(留意事項)










この記事へのコメント

この記事へのトラックバック