テーマ:能率

マニュアル否定論への反論

 ◆人材育成にマニュアルはいらない(p143~p145)        『利益第二主義―過疎地の巨大スーパー「A-Z」の成功哲学』  AZには、接客や売り場作りのマニュアルはまったくありません。従業員には、毎日の仕事、毎日の生活の中で、自分たちで考え勉強してくださいと話しています。  家事労働のお手伝いをする商品を中心に取…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

佐藤精一プロの教え いい加減なゴルフのすすめ

【この稿は, 2004/06/14 17:45 のブログの2稿です】  40代のゴルフにのめり込んでいる頃,我孫子の林門下で青木功プロの兄弟子格に当たる佐藤精一プロに文字通り手取足取りでゴルフを教えていただいた。 佐藤さんは,日本プロでの優勝経験を持ち,“早打ちマック”ともいわれたアイアンの鋭い切れ味を身上とする…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

改善の着眼点 ー シンプル・イズ・ベスト

世の中には難しいものをアリガタがり,簡単なことをバカにする人もいます。  Simpie is Best です。    「シンプル・イズ・ベスト」を,言い換えれば, 「真理は単純なもの」といえます。 ▼   問題山積だ。日々の仕事に追われて改善どころでない。         ↓    ○ 「シンプル・イズ・ベスト」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フォード・システムの光と影 1

 ある経営誌で気になる一文を目にしました。それは<アメリカ経営学は,人間を科学的に管理し,仕事を単純化,標準化,専門化させることにより,同じ製品を大量に造ることに成功し,世の中を豊かにし,消費は美徳と教え,大量消費する経済至上主義社会を作り上げた。  その結果,工場で働くことは,管理者によって与えられた作業手順にしたがって,同じ動作を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マニュアルセミナーの案内

 産能マネジメントスクールで「業務マニュアル作成実践セミナー」を,担当しています。 このセミナーでは,「マニュアルの企画~対象業務の分析~作成」の一連の手順の習得し,セミナー修了時には「業務マニュアル」を作成し・お持ち帰りいただけるよう,講義4割,演習6割の実践型プログラムで実施しています。 【プログラマ】----------…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

標準 フォードシステムの概要

 ヘンリー・フォードはテーラーの<科学的管理>を自動車生産に適用し,大量生産システムをつくりあげました。その概略は,T型フォードという1機種・1型式に限定,徹底した統一化・単純化と製造プロセスの徹底的な標準化にあります。   そして<単一労働の苦痛を高賃金で代償した>ことにより,労働者階級の可処分分所得を増大させ,商品をよ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

業務マニュアル作成セミナー「標準のルーツ」フォードシステムの光と影

 世界的な金融不安が発生する数ヶ月前に,ある経営誌で気になる一文を目にしました。それは<アメリカ経営学は,人間を科学的に管理し,仕事を単純化,標準化,専門化させることにより,同じ製品を大量に造ることに成功し,世の中を豊かにし,消費は美徳と教え,大量消費する経済至上主義社会を作り上げた。  その結果,工場で働くことは,管理者によって与え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

業務マニュアル作成セミナー 「標準のルーツ」-フォードシステム 1

 世界的な金融不安が発生する数ヶ月前に,ある経営誌で気になる一文を目にしました。それは<アメリカ経営学は,人間を科学的に管理し,仕事を単純化,標準化,専門化させることにより,同じ製品を大量に造ることに成功し,世の中を豊かにし,消費は美徳と教え,大量消費する経済至上主義社会を作り上げた。  その結果,工場で働くことは,管理者によ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

業務マニュアル実践セミナー 「標準 トヨタ流」

 トヨタ自動車の奥田前会長は「ノウハウが蓄積する終身雇用制こそが,日本企業の強さの源である」と語っています。この言葉が示すように,終身雇用や年功序列のもとで正社員が大半を占めるという日本的経営にあっては,ルールを逐一明文化せずとも,暗黙のルールともいうべき不文律が社内に浸透し,それらが自然に守られる状態を維持できました。  しかし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

業務マニュアル実践セミナー  「標準」について

  ◇マニュアル実践セミナーに続く--  M先生の“ 「能率」「マニュアル」「標準化」の3種の神器は,そこで働く人間をコモディティー化させた”,との考え方の延長線上には,この3つの言葉には,「非人間的」あるいは「人をモノとしてみている」といったニアンスがあるように読み取れます。  マネジメントの観点から言うと,「能率」「マニュア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

業務マニュアル作成実践セミナー 3

 2月26日~27日 東京・代官山の産能マネジメントスクールで,第56回「業務マニュアル作成実践セミナー」を予定しています。  このセミナー16年目を迎えます。「時代変化への対応」と「マンネリを排す」の観点から,今回のセミナーでは,幾つかの新機軸を予定しています。その一つが,「?マニュアルは標準作業手順」であるかです。   …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マニュアルセミナー 「業務マニュアル作成実践セミナー」-1

 2月26日~27日 東京・代官山の産能マネジメントスクールで,第56回「業務マニュアル作成実践セミナー」を予定しています。  このセミナーは2日間コースで,「マニュアルの企画~対象業務の分析~作成」の一連のプロセスの習得を目標に,講義4割,演習6割のケースタディ方式で行っております。お陰様で好評で毎回,定員満席とありがたいかぎり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

能率談義 5   まず,標準をつくる

 経済の先行き不安の時代にあってはコスト低減,ローコストオペレーションは,経営の重要課題です。その取り組みのスタートは,仕事のムリ・ムダ・ムラを省いての能率向上にあります。  マニュアルセミナーでは,業務のマニュア化,あるいは現在使われているマニュアルの見直しを通じて現行のムリ・ムラ・ムダを洗い出し~問題点の見つけ出し~能率向上,…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

能率談義4  能率とは何か

 経済の先行き不安の時代にあってはコスト低減,ローコストオペレーションは,経営の重要課題です。その取り組みのスタートは,仕事のムリ・ムダ・ムラを省いての能率向上にあります。  マニュアルセミナーでは,業務のマニュア化,あるいは現在使われているマニュアルの見直しを通じて現行のムリ・ムラ・ムダを洗い出し~問題点の見つけ出し~能率向上,…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

能率談義3  非能率とは

 経済の先行き不安の時代にあってはコスト低減,ローコストオペレーションは,経営の重要課題です。その取り組みのスタートは,仕事のムリ・ムダ・ムラを省いての能率向上にあります。  マニュアルセミナー横浜では,業務のマニュア化,あるいは現在使われているマニュアルの見直しを通じて現行のムリ・ムラ・ムダを洗い出し~問題点の見つけ出し~能率向…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

能率談義   

 経済の先行き不安の時代にあってはコスト低減,ローコストオペレーションは,経営の重要課題です。その取り組みのスタートは,仕事のムリ・ムダ・ムラを省いての能率向上にあります。  マニュアルセミナーでは,業務のマニュア化,あるいは現在使われているマニュアルの見直しを通じて現行のムリ・ムラ・ムダを洗い出し~問題点の見つけ出し~能率向上,…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

能率談義2   能率とは何か

 経済の先行き不安の時代にあってはコスト低減,ローコストオペレーションは,経営の重要課題です。その取り組みのスタートは,仕事のムリ・ムダ・ムラを省いての能率向上にあります。  マニュアルセミナーでは,業務のマニュア化,あるいは現在使われているマニュアルの見直しを通じて現行のムリ・ムラ・ムダを洗い出し~問題点の見つけ出し~能率向上,…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 「能率談義 1」

 経済不安・市場縮小の時代にあってコスト低減,ローコストオペレーションは,経営の重要課題です。その取り組みの基本は,仕事のムリ・ムダ・ムラを省いての能率向上にあります。  マニュアルセミナー横浜では,業務のマニュア化,あるいは現在使われているマニュアルの見直し・改善を通じてのムリ・ムラ・ムダを洗い出し~問題点の見つけ出し~能率向上…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いい加減 ファジー

 いま,与えられた仕事を大過なくこなす,という受け身の姿勢ではなく,自らが仕事を創り出す,といった能動的な取り組みが求められています。  一時期,曖昧という意味で「ファジー」という言葉が流行語にもなりました。これに似た表現に「いい加減」「要領よく」「適当に」といった言い回しがあります。杓子定規に仕事をこなすというのではなく,状況に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マニュアルセミナー

 私は,1991年以来,産業能率大学マネジメントスクールでマニュアル講座を担当しています。この講座には,マニュアル先進国といわれる米国系企業の日本法人にも数多く受講いただいています。受講理由は,日本流でいうところの「業務マニュアル」がない,あるいは「整備されていない」,あるいは「よりどころとする英語版もないので,日本独自版を作りたい」,…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

時代が求めるマニュアル①

「マニュアル化」とは、「より効果的なやり方やアイデアを組織知とし て共有する仕組みづくり」でもあり、それは固定された教条ではなく、 関係者の合意に基づく取り決めとすべきです。  つまり、マニュアル化を適切に進めることは、関係者の合意のもとに合理的ルールに従って仕事に取り組むことでもあることから、社員のやる気と創意工夫を促します…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新刊「マニュアルのつくり方・生かし方」刊行にあたり-2

 私は,1980年代から90年代の初頭にかけ,当時躍進を極めていたチェーンストア数社のマニュアルづくりを請け負いました。その際,各社に共通したマニュアル作成目的は,「本部は考える人の集まり」,店舗は,「体を使う人の集まり」である。本部の指示・指令を問答無用で受け入れる体制づくりの一環,「絶対唯一の決めごと」としてマニュアルを作りたい,と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新刊「マニュアルのつくり方・生かし方」 刊行にあたり-1

 私は,1991年以来,産業能率大学マネジメントスクールでマニュアル講座を開講しております。この講座には,マニュアル先進国といわれる米国系企業の日本法人も数多く受講いただいています。受講理由は,おおむね,日本流でいうところの「業務マニュアル」がない,あるいは整備されていない。よりどころとする英語版もないので,日本版を作る際の参考としたい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

りくつ,へりくつ①--適当に・いい加減に・要領よく

経済性,効率の観点からの要件としては,ハヤク,ヨク,ラクニ,ヤスクがあげられます。だが,ハヤクすればヨクできず,ヨクやろうとすればハヤクできないといった背反する事柄です。したがって,どの程度の限界内で,ヨクという品質が保証すれば,どの程度までハヤクすることができるかといった許容範囲を見極め―――要領よく,適当に,いい加減な―――手段を設…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more