マニュアルのつくり方・生かし方

アクセスカウンタ

zoom RSS 『マニュアルのつくり方・生かし方』・7 −変化するマニュアルの役割

<<   作成日時 : 2017/06/21 13:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

人員削減で効率化を図るなど,もはや夢のまた夢。人手不足が深刻化しています。特に「三K業種」とされる建設業,介護,トラックドライバー,タクシードライバー,外食産業,小売業などは企業の存続を揺るがしかねない厳しい事態となっています。

例えば,宅配便のドライバー不足は深刻です。ネット通販の拡大で宅配便の荷物は増加の一途であるのに,トラックドライバーは2006年の92万人をピークに減少し続けています。ドライバーが減っている一番の理由は若手の成り手がいないことにあります。

そこで,人手不足の解消策として,シニアの再雇用や外国人労働者の積極的に採用,さらに貸金引き上げ・福利厚生の充実などによる遇改善や,勤務体系の多様化を図るなど,人事制度の見直し,多くの企業が取り組んでいます。

だが,そうした取り組みは,人手不足の根本的解決策とはなり得なません。この深刻な人手不足を招いている最大の要因は,生産年齢人口が毎週一万人ずつ減少し続けていることにあり,今後,さらにペースを上げて続いていくからです。。

根本的は解決策としては,人工知能(AI),ロボット,センサー,ドローン(小型無人機)といったテクノロジーを導入して,単に人手を機械に置き換えることにとどまらず,テクノロジと人間が共働して仕事に取り組む,「人手頼りの労働集約型産業」からの脱却があげられます。

こうした時代変化に伴い,マニュアルに求められるの役割(機能)も必然的に変化して行くでありましょう。それは,業務(仕事)の効率化を目的とした標準的な処理手順の記述に加え,テクノロジーと人との橋渡し役となる,テマン・クノロジー・インターフェースの機能にあります。

−−

 

 ●━●━●━●━●━●━●━●━●━●━●━●━●━●━●                              



仕事力がアップする! マニュアルのつくり方・生かし方 (PHPビジネス選書)


マニュアルは「融通のきかない画一的なサービスを生む元凶だ」という声がある。はたしてそうだろうか。おそらくそうした声が出る背景には、マニュアルを「唯一絶対の手順書」と誤解し、それに縛られているからであろう。しかし、マニュアルは暗黙知を形式知に変え、その企業の行動規範ともなる大事なものである。仕事を要領よく効率的に行なうためになくてはならない指針であり,実際,多くの企業がマニュアルを上手に使って持続的に業績を伸ばしている。


本書は、多くの一流企業でマニュアル作成に携ってきた著者が、その実務をわかりやすく解説したものである。本書を活用することによって、例えば、◎社員を早期に戦力化したい、◎クレーム対応などの非定型業務を定型化したい、◎作業効率アップ、コスト低減、非社員化を推進したい、などの目標を実現することができるであろう。




電子書籍−楽天Kobo版−− 
 

          

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『マニュアルのつくり方・生かし方』・7 −変化するマニュアルの役割 マニュアルのつくり方・生かし方/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる