伝わる! 図表のつくり方が身につく本

伝わる! 図表のつくり方が身につく本

内容紹介
もはや自己流の図表では伝わらない!
―――プレゼン資料・報告書・レポート・企画書・宣伝文などに使える! ―――
図表はビジネス・プレゼンの場など幅広く使われています。
本書はこれらを読み手に正確に伝える“必要最低限のルール"、数字・データを効果的に見せる“表現の工夫・テクニック"を81個収録しています。


【数字・データを正確に効果的に見せる81のテクニック】

パソコンで誰でも簡単にグラフや図解が作れるようになりました。
理解されない、なんてこともよくあります。
そうです! 自己流で作っても相手には伝わりません。
図表を効果的に使うには、これらの最低限のルールや特徴を理解しないことには始まらないのです。
本書は、グラフ・図解・表を作るにあたって知っておくべきルール、効果的に見せるテクニックを、350余りの実例をもとに81個収録しています。
ダメな例・良い例の対比を見ているだけでもその良し悪しは一目瞭然。
本書をもとに基本的なルールや表現技術を知り、それを活用するだけで、図表は見違えるほど変化します。

【PART1 こんなとき、使えるグラフ・図表はコレだ】
どんなとき、どんなグラフや図表がよいのかを、様々なケースを挙げて紹介。

【PART2 カラー表現のポイントはココだ】
カラー表現についての基本とその扱い方を解説

【PART3 グラフ作成のポイントはココだ】
PART3でグラフ、PART4で図解、PART5で表に関する表現のポイントや注意点を解説
内容(「BOOK」データベースより)
グラフは必要な情報だけを示す モノクロにしても使える色を設定 グレーを使って強調する…など。正確に伝える!効果的に見せる!81のテクニック。




内容(「BOOK」データベースより)
グラフは必要な情報だけを示す モノクロにしても使える色を設定 グレーを使って強調する…など。正確に伝える!効果的に見せる!81のテクニック。




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック