テーマ:働き方改革

生産性向上のヒント満載 『Google流 疲れない働き方』

Google流 疲れない働き方 - ピョートル・フェリークス・グジバチ  日本生産性本部の調査によると、2017年の日本の時間あたり付加価値労働生産性は47.5ドル、これはOECD加盟国36ヵ国中20位でした。主要先進7ヵ国の中では、1970年以降最下位が続いている状況です。IMFによる1人当たりの名目GDPでは,日本は世界第22…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小中学校の先生-日本の教員の勤務時間は世界一

 働き方改革が叫ばれる中,OECD(経済協力開発機構)が行った世界の小中学校で働く先生たちの実態調査によると,日本の教員の勤務時間は世界一という結果がでた。 日本の教員の勤務時間は世界1位 OECD(経済協力開発機構)が世界の小中学校で働く先生たちの実態調査を行った。中学校は世界48の国と地域、小学校は世界15の国と地域を対…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

働き方改革の本質は生産性の向上。

「働き方改革」とは,   ・長時間労働の是正,   ・生産性向上を実現するためのコスト削減による効率化との考え方がある。  2018年4月施行の「働き方改革法」には,特別条項での残業時間の上限が月の残業時間で最大100時間,年間では720時間と定められ,違反企業には罰則規定が設けられた。こうした点からして,確かに長時間労働の是…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more